So-net無料ブログ作成

英語筋肉でTOEIC 英検 英会話も海外留学なしでペラペラに! [TOEIC 英検 英会話]



⇒筋肉が勝手に英語を話しだす方法

2010y04m26d_071641234.jpg

野球選手が、瞬時にボールに反応しバットを振り、ホームランをかっ飛ばす。
サッカー選手が僅かな隙をついてキラーパスを出し、シュートを決める。
この超感覚的なプレーは日頃の練習の成果ではあります。
しかし、その瞬間瞬間に「こうやってああやって」と考えているわけではありません。
体が勝手に反応するのです。


会話をするときも同じです。
あなたは、「おはよう」と言われて
この人は誰?今何時?何と言わなければいけないか?
なんて考えませんよね。
「おはよう」という挨拶に対して、体が瞬時に反応して「おはよう」という言葉を
発するのです。


一般的な英会話教室や通信教育などでは、単語を覚えたり発音を練習したりといった
知識を教えているものです。


勉強が出来る人、記憶力のいい人はいい成績をとれるかもしれません。
ただ、実際に外国人と話せるかというとそんなわけにはいきません。


知識はもっていても反射的に言葉を発する感覚を持っていないからです。

英語を話す筋肉が鍛えてなければ、英語を話すことなどできないのです。



⇒詳細はこちらをクリック




「マッスルイングリッシュメゾット」は、
英語の知識を勉強するのではなく、
英語を体に覚えさせる「英語筋肉」を鍛えるエクササイズです。


頭で覚えたことを、頭を使って話していたのでは、すぐに限界が来ます。
2,3フレーズはあらかじめ用意出来ますが、それを使ってしまったあとは、
すぐに身動きが取れなくなります。
「アー、ウー」ってつまっちゃいますよね。


しかし、体で覚えたことは、筋肉が覚えているんです。

言葉も同じです。体で覚えたものは、
体が反射神経として反応してくれます。
体で覚え、反射神経になったものは、動き続けるんです。
止まりません。

頭の中が真っ白になってしまっても、何も考えていなくても
一度体に覚えこませた感覚は、忘れることなく瞬時に反応します。

「どうやったら、英語を話せるようになるのか」
「何をすれば良いのか、全くわからない」
残念ながら現在の英語教育法では、この状態が果てしなく長く続きます。
物理的に筋肉を身に付けなくてはいけないのに、
知識ばかりを詰め込んでしまっているからです。

大事なのは
「どうやったら、今のわけのわからない状態を、根本的に変えられるか」
なんです。


喋れなくても喋るエクササイズをして筋肉を身に付けてください。
喋る感覚をつかむことができれば
無意識にしゃべれるようになってしまう「英語筋肉」を鍛えれば
全く新しい英会話の世界が広がっていきます。



⇒詳細はこちらをクリック



英語ビギナー 英語上達勉強法

英語エスカレータープログラム 評判

最速英語マスター法 潮田耕一 口コミ


nice!(0) 
共通テーマ:学問

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。